フジロックに無料で入る方法!?

BECK、ビョーク、アンダーワールド、ブラー、ソニックユース、ケミカルブラザーズ、エルビスコステロ、イギーポップ、ハッピーマンデーズ、ボアダムス、奥田民生、UA、くるり、brahman、イースタンユース、ミッシェルガンエレファント、ブランキージェットシティ、etc。フジロックはいつも私を大いに楽しませてくれます。

それぞれのバンドやミュージシャンが素晴らしい音を奏でてくれるのはもちろんのこと、苗場の大自然の中で、まさに音楽のお祭りとして行われるフジロックは、若者だけでなく、「夢見るころを過ぎた」私のようなものまで大きく包み込んでくれ、本場グラストンベリーを既に越えたんじゃないかと勝手な想像もさせる素晴らしい野外ロックフェスティバルです。

暗闇の中で「ボーンスリッピー」のイントロが聞こえたあの瞬間。真昼間の太陽の下という不釣り合いな場所でこそ、初めてボアダムスに心動かされたあの瞬間。頭デッカチなイメージをいとも簡単に置き去りにして、想像以上の素晴らしいライブパフォーマンスを披露したBECKのあの瞬間。全てのミュージシャンにではないけれど、少なくない回数の鳥肌ものがあったことは間違いない事実です。

おっと、本題から離れた話になってしまった。。。

では、本題。

フジロックが素晴らしいことは、フジロックが好きな人やフジロックに興味がある人には周知のこと。でも、一つの問題は、参加チケットが高いということではないでしょうか?

1日券でも20000円、3日間通し券に至っては42000円もするチケットはなかなかの値段です。

かくいう私も、第一回の富士・天神から始まって、第二回の東京・豊洲、第三回からの新潟・苗場へと幾度となく足を運んでいる訳ですが、実は何度か無料で参加させてもらっています。。。

その方法は、

一言で言うと、マスコミ登録して招待券をいただく、ということです。

ここで、何人かの人は「マスコミ登録なんて、普通の人にできる訳ない」と思ったかもしれません。実は私も実現するまではそう思っていました。

では、具体的にやったこと。

私は今現在も含めて、ずっとサラリーマンですが、ただ、趣味で、ノーギャラで、ある時期、小さな小さなコミュニティFMで番組をやっていました。喋ることに関しては全くの素人ですが、隔週の日曜夜に番組で喋っていました。ノーギャラと書きましたが、番組の為には時には音源購入のために自腹を切ったこともあります。

その時期に、スマッシュのフジロック担当に連絡を取り、フジロック前の何週かに渡ってフジロック特集をやることを告げ、そのプロモーションの繋がりの中で何枚かの3日間通し券をいただきました。とても嬉しかったですね。ありがとう、スマッシュ!ありがとう、日高社長!という感じです。

これを読んでる皆さんの中には、多くの読者を持っているブロガーやユーチュバーの方もいらっしゃると思います。私のやっていたコミュニティFMなんか比較にならないほどの影響力を持っているそんな方々には、ぜひチャレンジしてもらいたい方法です。

但し、上手くいくかどうかは自己責任で(笑)。

来年のフジロックで会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です